和室に無くてはならないのが襖や障子です。
新調だけではなく、張り替えが出来る事が最大の魅力で、手軽に新しく生まれ変わります。

襖は板戸に比べて軽量です。その仕立ては見た目以上にたくさんの工程があります。
木の組子下地に骨縛り・胴張・蓑掛け(みのかけ)・蓑縛り等の下張り工程があり、下張りが終わった状態で、家の建付けに合わせて下地を削ります。削り終わった下地に引手穴を掘り、表の紙を張り縁を取り付けます。
 その他、茶室に用いる太鼓襖や縁無し襖などがあります。

表具屋さんの障子張りの特徴は、簡単に剥がせる糊の濃度で張るところです。
これによって障子を傷めず長持ちさせることが出来ます。
その他小判の和紙を継ぎ合わせて張る、石垣張り等があります。