壁に唐紙や和紙を張る事で日本人らしい『和』の心を表現いたします。
また茶室等の腰張りは、昔ながらの風合いと実益を兼ね備えています。

 

壁面に唐紙や和紙を張るのには、直張りと浮け張りがあります。直張りは下地壁に直接表紙を張る方法で、パテ等の下地処理が必要になります。
浮け張りは下地壁に浮けと呼ばれる下張りします。その後で表紙を張るので壁と表紙の間に空間があり、簡単に剥がす事ができるので、張り替えのメンテナンスが可能です

 

腰張りとは、土壁の保護のため和紙を張る事を言います。
強い糊を使用すると張り替えの時土壁が崩れ落ちてしまうので、布海苔を用いて剥がしても土壁を傷めないようにします。